主要製造業の求人展望

###Site Name###

製造業の求人で鉄鋼産業を良く見かけます。

日本の鉄鋼産業は、産業的に広く粗銅ベースで鉄鋼材料を産業分野に供給する基盤的産業だからです。

それで、製造業の求人に鉄鋼産業が多いのです。



2008年の世界的な不況の影響で鉄鋼需要が落ち込んで、世界の粗鋼生産量は急速に減少し、国内の鉄鋼業界では、鋼材在庫が急激に増え国内の粗鋼生産量は、急速に減少しました。

この時は製造業の求人に鉄鋼産業の求人も当然減りました。
鉄鋼需要の世界的な減少で急騰した鉄鋼原料の暖和した需給もBHP、リオ・ティント、ヴァーレの3社で世界の7割を占める鉄鉱石貿易量を占める状態は今なお続いています。


中長期的には新興国を中心に鉄鋼需要は拡大していく可能性が高いものの鉄鋼原料供給を安定化させる為には、多様な供給源が求められます。



世界的に鉄鋼需要が落ち込む中で、メーカーの世界的な再編の動きには注視が必要です。これ以上の原料供給の独占は回避しないといけません。

国内企業による海外鉄鉱石鉱山権益の確保に協力する為に経済産業省は金属鉱物資源機構と石油天然ガスの探鉱開発支援制度に鉄鉱石も増やし、運用を開始しているところです。

制度が積極的に活用される事が期待されます。

日本の鉄鋼産業の強みは、継目無銅管、高張力銅版などの高級、高品質な銅分野です。
技術的にも高い競争力があります。

そして、世界最高水準の製鉄プロセス省エネルギー技術もあります。

弱みは中国や韓国などに対して、競争力を維持することが困難になってきている事です。
それは、主要な原料を輸入に依存しているからです。



これが原材料の価格高騰や製造コストに影響を与えています。

でも世界一の日本の鉄鋼産業技術は、まだまだ追いつかれる事はないでしょう。


追いつかれてもさらに突き放すのが日本の技術力です。